インド吟遊詩人 パールバティバウル

d0357616_21043808.jpg
インド吟遊詩人パールバティバウルの来日で、公演に行きたいと思いつつ、料理教室の開催があったりと悩んでいるうちに次々と満席に

でも、何か携わることができたらと思い、主催している方が知人であったので、差し入れしましょうかと連絡してみました
バウルはベジタリアンなので、ベジのお弁当またはサモサなどのスナックでもと思ったのですが、ある日の夕飯を作ってもらえないかという依頼が

それは東京公演の日で、料理教室があり、行けないと思っていたのに休講になった日でした
16人の食事を作るのは良いのですが、食べる場所は、、、
いつも料理教室としてお借りしているお宅に無理を言って、使わせていただくことになりました

旅も終盤、バウルもスタッフの皆さんも疲れがピークだったことでしょう
素敵なお宅で、ゆったりと食事をしていただき、少しは疲れが癒されたかと思います
バウルはインド・ベンガルの出身ということで、しかもヴィーガン!
乳製品を使わず、オイルも少なめのベンガルらしいインド料理を作りました
マスタードオイルやパンチフォロン(5つのスパイス)を使い、さっぱりと仕上げました
あまり召し上がらないと聞いていましたが、ライスもおかずもお代わりされて、私もホッとしました

なんと!公演も聞いて欲しいと、招待席に座らせていただき、素晴らしい歌声を聴くことができました
公演後に慌てて調理に戻り、1時間半で16名様の食事を作りました

みなさま、最終公演が次の日に控えていたので、早めの解散となりました
帰られた後は、家主の方が美味しいおいなりさんを買ってきてくださって、ホッと一息つけました
感謝です

私のような者を信頼して食事を任せてくださった主催の方、お家を快く貸してくださった方、美味しいと食べてくださった皆さんに感謝です
こんな機会に恵まれるとは思ってもいませんでした

d0357616_21275919.jpg

[PR]
by kumburayumi | 2018-06-30 21:28 | つぶやき | Comments(0)

スリランカ、インド、スパイスとハーブの料理教室、食事会、イベント開催のお知らせ、報告など


by kumburayumi
プロフィールを見る
画像一覧